3万6千キロに及ぶアメリカ大陸横断ドライブ記録。通り過ぎた50州(現在49州)の写真を通じて各州のトリビア、国立公園、米国の歴史・文化等も学んでいきたいと思います。
by kazoousaca
23日目 【ミネソタ州セント・クラウド ⇒ サウスダコダ州ミッチェル】
【ミズーリ川と大平原 - ノースダコタ州とサウスダコタ州】

インターステート29号線をドライブしている間、ノースダコタ州とサウスダコタ州は、ミズーリ川、ルイス&クラーク探検隊、大平原、そしてネイティブアメリカンなど、いくつかの共通点をもつことを発見しました。
c0050769_23503056.jpg

2つの州を横切って流れるミズーリ川に沿って、ルイスとクラークが西部への旅を続けました。両州のトラベルガイドは、いずれもルイスとクラークが通った道跡をもっとも推薦する観光スポットとしてとりあげていました。ノースダコタ州のトラベルガイドによると、ルイス&クラーク探検隊は、他のどの州よりもノースダコタ州に滞在していたそうです。ところで、彼らの探検で、大きく誤解していたところがありました。ミズーリ川をボートで移動するのは、歩くよりもずっと容易だと思っていたのですが、彼らは、上流へと向かっていたのです。とても信じられない距離です。こんな旅を続けて、とうとう着いたワシントン州クラストップ砦で太平洋を見たときの彼らの思いは大変深いものがあったでしょう。是非、その地を見たいという気がしてきました。

そのほか、今日は、インターステート沿いに広がる果てしない草原を見ることができました。
c0050769_235133.jpg
c0050769_2351834.jpg
こんな景色を見続けてもう5日になります。 そう、ここは、ノースダコタ、サウスダコタ、モンタナ、ワイオミング、コロラド、ネブラスカ、カンサス、オクラホマ、ニューメキシコ、そしてテキサスにまたがる「大平原”グレートプレーンズ”」の一部なのです。特に、サウスダコタ州は、「大草原の小さな家」のほか、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」の地としても有名です。 どちらも読んだことも見たこともないのですが・・。トラベルガイドによると、ダコタというのは、ネイティブアメリカンの言葉で、スー族を表すそうです。スー族は、ネイティブアメリカンの主要な民族の一つです。以前は、彼らはこの地は自由に使っていたのに、西部開拓で追いやられることになりました。このような話を描いた「ダンス・ウィズ・ウルブズ」、この旅が終わったら是非見てみようと思います。
c0050769_23512075.jpg

そして、これまでただ、眺めていた道路地図ですが、よくよく見ると、いたるところに「クラーク」や「スー」という文字があることに気がつきました。

本日のドライブ距離:474マイル
宿泊地:モーテル6

この日記のウェブページ(My HP)はこちら

にほんブログ村 旅行ブログへ
# by kazoousaca | 2006-07-15 23:52 | 大陸横断記/北ルート(9)