3万6千キロに及ぶアメリカ大陸横断ドライブ記録。通り過ぎた50州(現在49州)の写真を通じて各州のトリビア、国立公園、米国の歴史・文化等も学んでいきたいと思います。
by kazoousaca
プロローグ(全米1周ドライブに決めた理由)
冬の旅(大陸横断記/南ルート)を終えたあと、リサ(Professor)にその話しをしたら、「是非、"Travels with Charley"(チャーリーとの旅)を読んでみなさい!」と。「怒りの葡萄」で有名なノーベル賞作家スタインベックの本で、なんでも彼が飼い犬チャーリーと一緒に全米をキャンピングカーでドライブして回った旅行記らしいのです。

授業が始まってしまうと、なかなかその本を手に取る時間もなくあっというまに「夏の旅」出発1週間前に。まだ、3つのプランのどれをとるか決めていませんでした。そこで、ヒントを得るべくカリフォルニア州サリナスにある「ナショナル・スタインベック・センター」に行ってみました↓
c0050769_2228374.jpg

スタインベック・センターでは、「エデンの東」や「怒りの葡萄」等の有名作品と一緒に、"Travels with Charley"の展示も。彼が使ったキャンピングカー「ロシナンテ号」や↓
c0050769_22282988.jpg
彼のたどったドライブルートなど。↓
c0050769_22284350.jpg
お土産屋で買った"Travels with Charley"の冒頭を、併設されているレストランで読んでみると・・・c0050769_2243468.jpg「アメリカの作家でありながら記憶に頼って書いてきただけで、自分は本当のアメリカを知らない。これは作家として罪である」と。だから本当のアメリカを探そうとして(In Search of America)、彼はチャーリーと旅に出発したのでした。「チャーリーとの旅」⇒

自分は作家ではないのでまったく罪ではないのですが笑、せっかくアメリカにいて見て回るチャンスがあるのにこれを生かさないのはもったいないなと、それにスタインベックにもなんとなく負けたくなかったので(彼は50州すべてをドライブしたわではなさそう)、50州制覇を目指すことに・・・

にほんブログ村 旅行ブログへ

"John Steinbeck" (05/03/27)
(1902-68) a US writer whose novels, including The Grapes of Wrath, East of Eden, and Of Mice and Men show great sympathy for poor people and their problems. He is one of the most popular and admired US writers of the 20th century, and he won the Nobel Prize for Literature in 1962. (LDOCE)

「ジョン・スタインベック」
(1902年~68年) 「怒りの葡萄」、「エデンの東」、そして「二十日鼠と人間」の作家で、貧しい人々や彼らの問題に対して深い同情を示した。20世紀のアメリカで、最も人気があり、また賞賛されている作家の一人である。1962年にノーベル文学賞を受賞した。 ⇒「怒りの葡萄」はルート66の記述が、「エデンの東」はジェームス・ディーン主演で有名。

by kazoousaca | 2005-03-21 23:58 | 大陸横断記/中ルート(15)
<< 1881年:「OKコラルの決闘」 ネバダ州のトリビア >>