3万6千キロに及ぶアメリカ大陸横断ドライブ記録。通り過ぎた50州(現在49州)の写真を通じて各州のトリビア、国立公園、米国の歴史・文化等も学んでいきたいと思います。
by kazoousaca
1840~1860年:オレゴントレイル
「オレゴントレイル」
19世紀の中頃、開拓者達(未開の土地に初めて足を踏み入れて住む人々)が西部へ行くのに利用した主要な道の一つ。大平原やロッキー山脈をとおり、アイダホ、ワシントン、そしてオレゴンへと向かった。旅はだいたい6ヶ月かかり、非常に危険なものだった。開拓者達は、十分な設備を持ってなかったし、しばしば病気にかかったり、ネイティブアメリカンに襲撃されたりしたのである。(オレゴントレイルのルート↓)
c0050769_13264924.jpg

"Oregon Trail, the"
one of the main paths across the US to the western part of the country, used by pioneers (=people who are the first to go and live in an unknown land) in the mid-19th century. The Trail crossed the Great Plains and the Rocky Mountains before turning towards Idaho, Washington, and Oregon. The journey took around six months, and was extremely dangerous. The pioneers did not have good equipment, and they often suffered from illness or were attacked by Native Americans. (LDOCE)

アメリカの歴史のウェブページ(My HP)はこちら

にほんブログ村 旅行ブログへ
by kazoousaca | 2005-04-22 06:24 | ☆アメリカの歴史(18)
<< ロッキーマウンテン国立公園2 ネブラスカ州のトリビア >>