3万6千キロに及ぶアメリカ大陸横断ドライブ記録。通り過ぎた50州(現在49州)の写真を通じて各州のトリビア、国立公園、米国の歴史・文化等も学んでいきたいと思います。
by kazoousaca
マディソン郡の橋
マディソン郡の橋(The Bridges of Madison County)」

c0050769_22241896.jpgc0050769_22243248.jpg











ノースサイドカフェ(Northside Cafe)↓
c0050769_16433252.jpg

フランチェスカを演じたのはメリル・ストリープ
c0050769_16434752.jpg

ローズマン橋(Roseman Covered Bridge)↓
c0050769_1643532.jpg
c0050769_16435934.jpg
↑クリント・イーストウッドもこの辺から撮っていたような気が・・・
c0050769_1644737.jpg
↑この先にキンケードとフランチェスカが・・・

にほんブログ村 旅行ブログへ

The Bridges of Madison County: The Movie
Robert Kincaid (Cling Eastwood) has come to Madison County, Iowa, in order to take the pictures of the Roseman and Holliwell covered bridges. He is a professional photographer on assignment to National Geographic magazine in the fall of 1965 and he is lost. Pulling his green pickup into the driveway of a well kept farmhouse, he stops to ask directions. Francesca Johnson (Meryl Streep) is at home, alone, her husband and two children having departed for four days to the Illinois state fair. She has been marrried for 15 years and the luxury of time to herself is an unusual break from her daily life, as is the courteous stranger appoaching her for information.

These are the opening circumstances for an extraordinary story, adapted to the screen by Richard LaGravenese from Robert James Waller's novel, The Bridge of Madison County.

ロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)は、屋根付きのローズマン橋とホリウェル橋の写真を撮るために、アイオワ州にあるマディソン郡にやってきた。それは1965年の秋。彼はナショナルジオグラフィックマガジンのカメラマンであった。緑色の小型トラックでやってきたキンケイドは道に迷い、手入れの行き届いた一軒の農家の私道に入り込んだ。その家にいたフランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)にキンケイドは道を尋ねる。フランチェスカの夫と子供達は、イリノイ州の定期市に4日間行っており、彼女一人だった。結婚して15年、日常の生活のなかで彼女が自分自身のためにこんなに贅沢な時間を持てることはまずないことだった。そんなときに、この礼儀正しい見知らぬ男がやってきたのである。

これが、ロバート・ジェームズ・ウォラー原作「マディソン郡の橋」を、リチャード・ラグラベニーズが映画用に脚色した類まれな物語の冒頭場面である。

by kazoousaca | 2005-04-25 06:38 | ☆映画の舞台(4)
<< サンタバーバラをぶらぶら 目次/各州の紹介 >>