3万6千キロに及ぶアメリカ大陸横断ドライブ記録。通り過ぎた50州(現在49州)の写真を通じて各州のトリビア、国立公園、米国の歴史・文化等も学んでいきたいと思います。
by kazoousaca
7日目 【ミズーリ州カンザスシティ ⇒ イリノイ州セントルイス】
【ジェファーソン・ナショナル・エクスパンション・メモリアル(Jefferson National Expansion Memorial)】
単に観光スポットだからということで来ることに決めていたのですが、昨日アイオワ州のウエスタン・ヒストリック・トレイル・センターに立ち寄ったことで、西部開拓史を学ぶという目的が明確になりました。そう、ここはまさにルイス&クラーク探検隊だけでなく多くの開拓者にとって、西部への玄関口(Gateway)だったのです。だから名前も、1803年のルイジアナ購入によって、アメリカに西部をもたらしたジェファーソン(第3代大統領)なのです。
c0050769_16211729.jpg
このメモリアルで有名なのはなんといってもゲートウェイ・アーチ(Gateway Arch)↑↓。パンフレットによればこのアーチは1962年に立てられたとのこと。自由の女神像やワシントンDCにあるワシントンモニュメントよりも高いそうです。ダウンタウンのビル群やミシシッピ川、そして公園といった他の風景にも溶け込んでいました。州の法律でアーチよりも高い建物は禁止されているようです。このような法律があるのはアメリカのいいところですね。
c0050769_16195223.jpg

c0050769_16243885.jpg
アーチの周りをてくてくと歩き回ったのですが、有名な?アーチのてっぺんまで連れて行ってくれるトラムには乗りませんでした。西部開拓史を学ぶのとは関係ないと思ったのと、5人乗りとかという狭いトラムに10分間もいるなんて耐えられないと思ったからです。でも、もし行こうとしても実際には到底無理でした。トラムの入口は数え切れない人の列だったのです。
c0050769_162319.jpg

【二つのカンザスシティとセントルイス】
昨日泊まったカンザスシティはカンザス州ではなく、ミズーリ州でした。そして今日訪れたセントルイスはミズーリ州でしたが、今日泊まる予定のセントルイス(正確には東セントルイス)はイリノイ州でした。なぜ、二つの都市がそれぞれ二つの州にまたがっているのかは不明なのですが、実際にドライブしてみた印象は、一方は街並みもきれいなで栄えているのに、他方は薄暗くさびれているということ。いったいどういうことなんでしょう。(イリノイ州側からみたセントルイス。左端にかすかにゲートウェイ・アーチが。)
c0050769_1627248.jpg

本日のドライブ距離:248マイル
宿泊地:モーテル6

この日記のウェブページ(My HP)はこちら

にほんブログ村 旅行ブログへ

"Gateway Arch"
a very large arch in the city of St Louis, Missouri, in the US, that is sometimes used in pictures to represent St Louis (LDOCE)

「ゲートウェイ・アーチ」
ミズーリ州セントルイス市にある巨大なアーチ。しばしばセントルイス市を象徴する写真で用いられる。

by kazoousaca | 2005-05-01 04:28 | 大陸横断記/中ルート(15)
<< アイオワ州のトリビア 行ってみたい見てみたいアメリカ >>