3万6千キロに及ぶアメリカ大陸横断ドライブ記録。通り過ぎた50州(現在49州)の写真を通じて各州のトリビア、国立公園、米国の歴史・文化等も学んでいきたいと思います。
by kazoousaca
18日目 【オハイオ州クリーブランド ⇒ イリノイ州シカゴ】
【ひどい渋滞】

今日は、ワシントンDCからシカゴまでの道路事情について書いてみたいと思います。西部や中西部とはいくつかの点で違っていました。特に次の4つの点が驚きでした。

一つ目は有料の高速道路があることです。ニュージャージー州やオハイオ州では「ターンパイク」、ニューヨーク州では「スルーウェイ」、インディアナ州では「トールロード」、そして、イリノイ州シカゴでは「スカイウェイ」と、州ごとに名前が変わるようなので、どれが本当の名前か分かりませんが、料金を払わなければならない道路があるのです。もちろん、日本とは比べ物にならないくらい安いです。今日走った距離は、日本で言うと東京大阪間に匹敵しますが、100ドルくらいはかかるでしょう。でも、今日、もしすべて有料の高速道路で走ってたとしてもたったの10ドルでした。
c0050769_233147.jpg
c0050769_23312334.jpg

二つ目は、アメリカで初めてフルサービスのガソリンスタンドを見たことでした。ニュージャージー州でガソリンスタンドに入ったとき、店員が何も言わずにガソリンを入れ始めるので、「自分でやるよ」と言ったら、「ここはフルサービスだよ」と言われてしまいました。でも、日本と違って入れるのも遅いし、お金もかかるわで、時間とお金の無駄という感じがしました。しかも、フルサービスといっても、彼らがやったのは、単にガソリンホースを突っ込むだけなのですから・・・
c0050769_23314078.jpg

三番目は、速度制限がどこの州も65マイルだったことです。75マイルや70マイルが制限だった西部や中西部を走っていたときに較べて移動に時間がかかりました。バージニア州、メリーランド州、デラウェア州、ニューヨーク州、コネチカット州、ロードアイランド州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、メイン州、バーモント州、オハイオ州、インディアナ州、ミシガン州、そしてイリノイ州で、制限速度が70マイルだったのは1つだけでした。お分かりでしょうか?

c0050769_23332950.jpg
最後は、交通渋滞がひどかったことです。とりわけワシントンDC、ニューヨークシティ、そしてシカゴの渋滞は思っていたより相当ひどいものでした。これまで快適なドライブを続けていただけにとても疲れました。なかでも最悪だったのが、マンハッタンに通じるリンカーントンネルです。ひどすぎて写真も撮れませんでした・・・
c0050769_2333848.jpg

とにかく、今日の渋滞は疲れました。そろそろ休みが必要です・・・

本日のドライブ距離:399マイル
宿泊地:モーテル6

この日記のウェブページ(My HP)はこちら

にほんブログ村 旅行ブログへ
by kazoousaca | 2005-12-24 23:33 | 大陸横断記/北ルート(9)
<< ワールド・オブ・コカコーラ スターバックス >>